勉強

努力は必ず報われる|独学で日商簿記1級を取得する術

このエントリーをはてなブックマークに追加

資格取得と学習

メンズ

資格取得を目指す場合、効率的な学習方法として通信講座の活用がある。専門学校などに通う場合には、授業の時間に合わせる必要などがあるが、通信教育では自宅にいながら学習できる。さらに、ネット活用により効率化も進んでいる。

もっと読む

国家資格への登竜門

電卓とスーツの人

理解していれば比較的簡単

簿記は税理士や公認会計士などの難関国家試験の登竜門として通過すべき資格です。もちろん簿記を経由しなくても勉強することはできますが、簿記を知っておくことで国家資格への対策となります。簿記は3級から1級まであります。日商簿記1級は簿記の試験の中でも最高峰に位置します。この試験に合格できるようになると他の国家資格に有利に働くことになります。3級は独学で学ぶことも可能です。主に個人事業を中心として営む人の簿記が題材となっています。2級になると中小企業を中心に商業簿記と工業簿記の二種類から成り立ちます。さらに日商簿記1級になると難易度が上がります。記述する内容が増加する事から暗記方式で理解しても簡単にはクリアできないのです。

配点基準も異なる

日商簿記1級を独学で学ぶこともできますが、3級や2級を暗記ではなく内容を理解して取り組んで来れば1級はその応用になるため対策もそんなに難しくありません。しかし暗記して覚えてきた人にとっては記述が中心の1級は難易度が急にあがります。そのため独学では難しく基礎からしっかり学ぶことが必要になってきます。もう一つ1級の難しさは配点基準です。3級や2級はあらかじめ決められた点数に達すると合格になります。そのため事前に配点を考慮して得意問題から解くなど対策を立てることができます。しかし日商簿記1級は全体の配点から合格点を導き出す方法となっています。一律10パーセント程度の合格者が出るように調整されているのです。これも独学で学ぶ難しさになっています。日商簿記1級の試験に受かりたいのであれば、スクールなどに通う方法あるいは通信講座を利用する方法を選ぶのが一般的です。特に通信講座であれば、自分で学ぶ時間を調節できるので、独学で合格したいという人の大きな助けとなるでしょう。通信講座の会社は問い合わせをするとすぐに資料を送ってくれるので、いくつかの講座を比較してみるのも良いでしょう。

入試で論文を書く場合

原稿用紙

最近、大学や大学院で小論文入試を必須とする学校が増えています。そのため小論文の添削講座を開講している予備校は数多く存在します。また添削を数多く受けると苦手意識が緩和されるので、いざ本番の試験となった時にリラックスして試験を受けられます。

もっと読む

大卒資格を取る

勉強

就業してから大卒資格が必要になってくる場合がありますが、最近では通信教育で資格取得ができるところがあります。そのカリキュラム、学習予定を事前にしっかりと把握し、金銭面でも余裕をもって準備しておくことで、スムーズな教育を受けることができます。

もっと読む