学習効率を考えて英語を学ぶ┃大学受験のスケジュール

婦人

特に力を入れて勉強を

勉強

中学受験の算数では、様々なテクニックを使う必要があり、小学校とは別に学ぶ必要があります。また、何を問われているのかを読み取るちから、読解力が大変重要です。もちろん、その他の教科にも共通して必要なちからですから、まずはしっかりと読解力を付けてあげてください。

Read More...

合格の成否を決める教科

English

どこの学校でも出題される

英語・数学・国語など、大学受験ではさまざまな科目が課されます。志望する大学や学部、さらには大学受験の形式によってこの部分は変わりますが、必ずどこの大学で出題される教科が英語です。故に、英語ができるかどうかは合格の成否を大きく決定づけます。英語を得点源にする上で最も重要なのは基礎をしっかりと固められるかどうかです。英語が得意な人に上達の極意を聞くと「英語の文章をたくさん読むべき」という答えが返ってきます。もちろん、英文にたくさん触れる作業も重要で、最終的にはこのステップも必ず通過する必要があります。しかし、物事には順序が存在し、英語の場合には読解練習に入る前にまずは英単語や英文法の知識を満遍なくインプットするのが大切です。また、基礎が分かっていると演習の効率も良くなります。例えば、英文を読んだ時に未知の単語がたくさんある場合には辞書を使って調べていくわけですが、単語が頭のなかに入っていれば辞書を引く回数が減りますから、その分だけ学習効率がアップします。

過去の問題を分析する

大学受験の勉強を始める前に必ずやっておきたい作業がひとつあります。大学受験を行うすべての学校で英語が課されるわけですが、出題形式に関しては学校ごとに変わります。過去問研究を通してどんな問題が出題されるのかを分析するのはかなり重要です。具体的には、読解問題の配点が高いのか、英作文における比重が大きいのか、といった部分を知っておくだけでもかなり違います。ただ、自分だけでは不安だという感じる場合には学習塾を活用してみるのもおすすめです。学校の先生と比べると学習塾の先生は大学受験に生徒を合格させるのが仕事です。大学受験により精通しているだけに過去の問題を研究する作業もお手の物で、いまの自分には何が必要なのかを的確にアドバイスしてもらえますから効率性を追い求めるなら検討してみるべきです。さらに、学習塾と言うとすべての科目を教えるのが普通ですが、最近では英語だけを教える専門的な塾も出てきているので、英語だけを伸ばしたいと考えている人にはこっちの方が向いています。

将来のためにお勧め

女の子

大学まで行かせたいという親御さんは、お子さんが小さいうちからエスカレーター式の学校に入れるといいかもしれません。小学校受験がお勧めです。そのためには世間の評判や大学の学部などを調べておく必要があります。

Read More...

夢を追いつつ高校卒業可能

ヘッドホン

通信制高校では様々なタイプの学校が存在しており、学べる内容も幅広いです。音楽についてもそうで、歌や楽器のトレーニングは勿論、ライブや音楽活動について学べたり、裏方の仕事も選べたりします。通信制高校では好きなことを目指しながらでも、高校卒業の学歴を考えられることもメリットです。

Read More...